救急絆創膏や消毒薬といった外用薬を中心に化粧品・医薬品の製造・販売のリバテープ製薬株式会社

リバテープ製薬とは

  • 歴史
  • 経営理念
  • 商品への思い
  • 沿革&概要
  • 採用情報

商品への思い:より良い商品を作ることは、みなさんの健康を守ることと同じことなんです

リバテープ製薬:製品づくりの理念

時代のニーズを読み取って、国内で最初の救急絆創膏からリバテープを創造した研究開発への情熱は、時代が変わった現在も脈々と受け継がれています。

常に清潔で高品質の商品を提供するために、特に気を配っている品質管理部門。
当社の技術を化粧品や衛生材料など幅広い分野に生かすために、研究を続ける開発部門。
そして、生産部門では需要に応じた品質・価格を保持しながら、いち早く供給できるような生産ラインに力を注いでいます。
より良い製品作りこそが一人一人の健康と豊かな未来を創ると信じて、たゆまない努力を続けています。

医療用品においては、使ってくださるお客様(医療従事者)と使われる側のお客様(患者)がいらっしゃいます。

私どもの医療製品は、どちらのお客様にも「安心」をお届けできることを目標に開発を進めています。

画像

ISO13485:2003 認証取得

品質方針

  1. 1.当社は規制要求事項を満たし、品質マネジメントシステムの有効性を維持して製品づくりの理念に基づき、品質・機能・安全において顧客の視点で満足される製品を提供します。
  2. 2.品質方針達成のため、各部門は期初めに品質目標を設定し、実践活動を行います。
  3. 3.方針・目標は毎年見直しを行い、有効性・適切性を評価し、継続的に改善を行います。

認証概要

<ISO13485:2003>
登録番号:Q1N 15 12 60869 009
認証日: 2016年3月1日
登録認証機関:テュフズードプロダクトサービスGmbH

<MDD (EC-CERTIFICATE)>
登録番号:G2S 16 10 60869 012
認証日: 2017年3月9日
登録認証機関:テュフズードプロダクトサービスGmbH

TUV

品質管理義務

画像:品質管理

原材料受入試験

すべての原材料は予め設定した基準を満足しなければなりません。その確認のため、すべての原材料はロットごとに受入試験を行い品質を維持します。

機器分析

医療用医薬品・医薬部外品の有効成分の定量試験、化粧品の成分分析、滅菌ガスの残留試験など品質保証の一環として幅広く行っています。

殺菌処理

滅菌済医薬品・滅菌済医療機器の最終処理として、無菌性を保つためEOガス滅菌器で完全に滅菌が行われ、無菌の状態で出荷されます。

無菌試験

日本薬局法に基づいた無菌試験が製品の滅菌処理後、出荷ごとに必ず行われます。製品サンプルをクリーンベンチ内で培地に移し、恒温器で培養。滅菌が確実に行われたかをチェックします。さらに滅菌バリデーションに基づいたバイオロジカルインジケーターでの無菌試験が行われます。

データ管理

品質予測および品質改善を日常的に行うために、原材料受入試験データ、開発試験データの管理・分析をコンピュータで迅速に処理します。