救急絆創膏や消毒薬といった外用薬を中心に化粧品・医薬品の製造・販売のリバテープ製薬株式会社

リバテープ製薬とは

  • 歴史
  • 経営理念
  • 商品への思い
  • 沿革&概要
  • 採用情報
 

絆創膏de県民性チェック:絆創膏の呼び方map

絆創膏呼び方マップ

地域で違う呼び方。県民度のバロメーター

呼び方は、一般名称の「ばんそうこう」以外すべて固有の商品名。その県で一番メジャーな絆創膏の銘柄が、方言のように呼び名として定着したようです。
隣り合う県でも呼び名が違うのは、製造元の所在地や、商品の流通ルートの関係などが考えられます。
全国共通の呼び名と思っていたのに、県外では通じなかったことにショックを受けたという体験談も多数。何気なく使っている「絆創膏」の呼び名が、実は県民度のバロメーターになっているなんて面白いですね!
※ MAPでご紹介した呼び名は、地域や家庭によってもバラつきがあるため すべての県民がこの呼び名で呼んでいるわけではありません。

ちょっと自慢してよかですか?日本で最初に絆創膏を作ったのはリバテープ製薬です。

星子旭光堂(現 リバテープ製薬)3代目の星子義法が、戦時中に米軍が使用していた救急用の包帯をヒントに研究を重ね、フィルム上にガーゼをのせた救急絆創膏を開発。その後、ガーゼに消毒薬「リバノール」をしみこませ「リバテープ」として日本ではじめて製造販売を開始し、日本の高度成長とともに九州から全国へと普及していきました。

リバテープ

こんなご意見も

  • 熊本県Uさんの30代のご意見
  • 東京都Hさん20代のご意見
  • 熊本県Mさんの30代のご意見